CDラックで記録メディアをきれいに収納!


CDラック 通販.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > コラム >
 
CDラックで記録メディアをきれいに収納!


記録メディアを便利に収納できるCDラック

CDはかさばりやすいアイテムです。たくさん持っている方であれば、聞きたいCDを出し入れしているうちに、オーディオ機器の周りに積み重ねたままになってしまい部屋が散らかってしまった・・・という経験を一度はしたことがあるのではないでしょうか?

最近では、音楽サイトから聞きたい曲をダウンロードする方法がすっかり浸透しましたが、やはりお気に入りのミュージシャンのCDは購入して自分の手もとに置いて、いつでも聞けるようにしておきたいもの。今は収納できないだけで、積み重ねてしまっているCDも今よりもっと大切に保管したいですよね?

ちょっと前まではCDラックというとCDのみをしまう役割しか持っていませんでしたが、最近はCDだけでなくゲームソフトやDVDなどもまとめて、効率よく、センスよく収納できるCDラックが登場しています。大型のものならCDは500枚以上、DVDは200枚以上収納できますので、大量に収納したいものがある方も安心してください。


▲写真の「CDラック」はこちら


枚数に合ったCDラックを選びましょう

CDラックを選ぶときに気になるのは、やはり収納力。収納したいCDやDVDの枚数を把握し、今後増加することを見込んで、ある程度設置スペースにゆとりを確保できるラックを選びましょう。

CDの枚数がさほど多くない場合は、小さなスペースに置けるスリムタイプがおすすめです。子供部屋や書斎の中のちょっとしたスペースに置けますし、寝室のベッド脇に聞きたい楽曲が入ったCDを選んで置いておくといった使い方などが考えられます。また、CDラック以外では増設ができるシリーズ棚もおすすめ。CDが増えて困ったらぜひ検討してみてください。

枚数が多い場合は、奥行がある引き出し付きのラックがおすすめです。また、引き出しの全面がディスプレイ棚になっているタイプを選べば、よく聞くCDやジャケットが好きなCDなど、お気に入りのものをディスプレイすることもできます。その日の気分で飾るジャケットを変更したり、友達が来たときにその友達が好きなものに差し替えたりといった使い方もできますよね。

家族共用にして、子供の手が届く下の棚には子供のものを、上の棚には大人のものを収納するといった使い方もアリでしょう。




積み重ねを解消してCDを安全に保管しましょう!

CDは繊細なメディアです。扉付きのものを選べば、ホコリが溜まりにくくCDやDVDをキレイに保管できます。掃除もラクになるので、CDを大切に保管したい方はぜひ扉付きのものを選んでください。





「コラム」一覧へ戻る >>





トップカテゴリ一覧サイトマップ


CDラック・DVDラックの通販専門店

Copyright (C) Will Co.,Ltd. All Rights Reserved.